働き方は人それぞれ。

あなたに合った働き方が幸せへの近道です。

当サイト「働き方のヒント」とは?

あなたはどんな仕事をして、人生を過ごしていきたいですか? 残念ながら私たちが人生で使える時間には限りがあります。いつかあんな仕事をやりたいんだけどなぁ…と夢を描きながら、その夢を実現できず人生を閉じることもあるのです。

あなたは働き方について真剣に考えてきたでしょうか?真剣に考えてきたのであれば、理想通りではないかもしれませんが、今はある程度あなたは満足して仕事をされているでしょう。

やはり、働き方について真剣に考えたかどうかで、あなたが就く仕事は変わってくるものです。例えば、サラリーマンで過ごすのか、事業を起こして起業家として生きるのか、投資家として生きるのかを考えてみると、自分が就くべき職業はどういう方向性が自ずと浮かび上がってきます。

ここで注意したいのは、自分が良いと思った働き方・職業について、他人に押し付けないことです。あなたにとっては正しい働き方、良いと思った職業が、他人には全く当てはまらないことがあるからです。

人それぞれ、自分に合った価値観で生きることが幸せなのです。価値観は人それぞれ、違うものです。100人いれば、100通りの生き方があるのです。 一見、同じような価値観を持った者同士でも、 細かい部分で好き嫌いは違っていたりするものです。だからこそ、自分の頭で考えることが大切になってくるのです。自分がどうしたいかを完全に理解してくれる人はこの世界に誰もいないからです。

働き方、仕事も同じです。自分がどんな風な仕事をして、この社会で生きていくのがベストなのかは、自分しかわからないことです。雇用形態というと、堅苦しい言葉に聞こえますが、正社員、非正規雇用、投資家、ビジネスオーナーなど、言葉だけは耳にしたことがあると思います。

ただ、耳にしたことはあっても、いくつかある雇用形態のメリット、デメリットをあなたは真剣に考えたことがあるでしょうか?正社員、派遣社員とかの言葉の意味なんて、当たり前過ぎて考えない人のほうが多いのではないでしょうか。でも、その「当たり前過ぎること」を考える意味はあります。

例えば多くの人が気にするお金の問題。会社員の収入の限界と起業家、投資家のそれとは違うわけです。もちろん、ケースバイケースなのでスーパーサラリーマンでとても稼ぐ方もいます。ただ、一般的には高収入のサラリーマンでさえ、成功した場合の起業家や投資家のように稼げるかというと、なかなか難しいわけです。

一体、あなたは人生でいくらお金を稼ぎたいのか?それによって、あなたが就く仕事が変わってくるはずです。人によって稼ぎたい金額は違います。漠然となんとなく仕事についてしまうのではなく、明確なイメージをもって仕事に就いたほうが後悔は少ないはずです。

考えることは頭を使うので疲れてしまうかもしれませんが、人生の大部分の時間を仕事に人は使います。どうせ仕事をするなら、自分が納得する形で仕事をしましょう。それがあなたが幸せになる近見です。

まずは、4つの働き方を理解しよう

4つの働き方をもっとざっくり2種類分類を分けて考えると、わかりやすいかもしれません。

「投資家とビジネスオーナー」は権利収入。
「自営業者と従業員」は労働収入。

権利収入とは何らかの権利を持つことによって、労働をしなくても勝手にお金が入ってくる収入のことです。すなわち、働かなくても収入が入ってきます。「働かないで、不労所得で暮らしたい」と言う人がいますが、それはこの権利収入のことを指しています。

労働収入とは文字通り、自分が働かないと入ってこない収入のことです。ですから、自分の時間を切り売りしてもらえる収入とも言えます。当然、1日は24時間、そして働くのは自分だけですから、労働収入には限界があるのです。

では、働かずにもらえる収入と働いてもらえる収入があるんだ!
ということが分かっていただけたと思いますので、ここからは4つの働き方をまずは簡単にざっくり理解しましょう。

投資家とはお金を儲けるために資金を出す人のことを言います。例えば、日常会話でもこんな言葉を耳にしたことはありませんか?株やFX(DMM FX 外為ジャパン みんなのFX 【LIGHT FX】JFX株式会社 くりっく365ならフジトミ など)に投資、不動産に投資、通貨に投資…などなど。お金を儲けるために資金を出す人はみんな投資家です。

ビジネスオーナーとは、ビジネスの権利を所有している人のことです。英語でオーナーとは所有するという意味です。ただ、現場で汗水垂らして働いているわけではなく、基本的に、自分は現場には出ません。自分が働かなくてもお金は入ってきます。自分の時間は自由です。ビジネスオーナーは収入が発生する資産を買い続けることで、自分で働く何倍、何十倍、何百倍、何千倍、何万倍も稼げる可能性を秘めています。 自分ひとりでは労働力に限界がありますが、資産という収入を得る権利を多数持つことでお金もたくさん手に入るわけです。

自営業者とは、自分で事業を行っている人のことです。自分が働かないとお金が入ってこないのが自営業者です。収入は安定はしていませんが、大きく稼げることもあります。 自営業者は自分の時間を切り売りしているので、たくさん稼ごうとすると、そのぶん自分の時間を労働にあてなければならないので、自由になる時間は減っていきます。

従業員はお金を会社からもらいます。いわゆる会社員です。正社員、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトなどの人たちが従業員に当てはまります。給料は基本的には決まっているので稼げる金額には限度がありますが、安定して一定の給料がもらえるので経済的、精神的な安心感があります。部屋を借りたり、ローンも組みやすく、社会的地位も保証されます。会社に雇われている以上、自分の時間は自由にはなりません。そして、従業員の代替要員はいるのでリストラされて会社を退職させられることもあります。

今のあなたの仕事は4つの働き方のうち、どれに属しますか?自分が属している場所を今一度確認することで、自分が目指した理想的な働き方を今の自分がしているのか、またはそうではないのかを考えるきっかけにしていただければと思います。

働き方の種類

サンプル

投資家

サンプル

ビジネスオーナー

サンプル

自営業者・フリーランス

サンプル

従業員・サラリーマン

働き方に関するお悩み相談(有料)

※ただ今、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ZOOMによるオンライン相談のみ受け付けております。あらかじめご了承ください。
担当者 本田マサカズ
ご相談場所 横浜地区
神奈川県横浜市西区、中区エリアの貸会議室、カフェ等

アクセスマップ

ご相談場所の最寄り駅

横浜市西区…JR線・東急東横線 横浜駅 徒歩10分圏内
横浜市中区…JR線 桜木町駅 徒歩10分圏内

この記事を書いた人

ライター名

本田マサカズ

フリーランスのWebライター。人それぞれに合った働き方を探求。働き方だけではなく、ライフスタイルなど様々なお悩み相談をオンラインで受け付けています。